プロフィール

まひる野のご紹

 

 東京に本部を置く全国的な短歌の会です。窪田空穂の第一歌集「まひる野」から命名され、自然や日常を細やかな温かい視線で詠んだ歌が特徴です。

 

 <窪田空穂(Kubota Utsubo) 1877.6.8- 1967.4.12>

   日本の歌人、国文学者、日本芸術会員

   詩歌集『まひる野』(鹿鳴社,1905)他 多数

   

長野県松本市生まれ。長野県尋常中学校(現松本深志高校)から東京専門学校(現早稲田大学)文学科に進学するも、一度中退。代用教員として働いていたときに校長の影響で作歌を始め、与謝野鉄幹選歌の「文庫」に投稿をする。鉄幹から勧誘され「明星」にも参加(ただし一年後に退会)。その後、東京専門学校に復学して卒業。電報通信社や雑誌記者を経て(国木田独歩主催の独歩社にも在籍したことがある)、文学雑誌の編集者となる。自然主義文学に多大な影響を受けるとともに、国文学への関心も深めた。

1914年に「国民文学」を創刊。1920年、早稲田大学国文科講師に着任。後に教授を務める。1926年には「槻の木」を創刊。1943年、日本芸術院会員。1958年文化功労者。歌集に『まひる野』『土を眺めて』等。 

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AA%AA%E7%94%B0%E7%A9%BA%E7%A9%82

 

なお、長野県松本市には松本市立博物館の分館でもある窪田空穂記念館記がある。窪田空穂の生家に隣接して造られた文学館。

 

 <まひる野>

3月1946年3月、早稲田大学国文科の学生を中心に窪田空穂主宰、窪田章一郎発行編集によって創刊。当初は窪田空穂門下である早稲田大学国文科の学生らの同人誌の性格を色濃く帯びていたが、現在は活動を全国に広げ、代表篠弘(しのひろし)、編集人橋本喜典(はしもとよしのり)によって短歌雑誌『まひる野』を発行。

短歌総合誌などの広告では「つねに生活実感を尊重し、詩としての豊かな表現力を希求する集団」として、広く会員を迎えている。会員は作品I、作品II、作品III、まひる野集、マチエールの5つの選歌欄に分かれ、毎月10首以内を投稿する。作品I、作品II、作品IIIの選者は固定されておらず集団選歌体制をとっている。新しく入会した会員は作品IIIに所属する。

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BE%E3%81%B2%E3%82%8B%E9%87%8E

 

<まひる野ブログ>

「まひる野」にはブログがあり、会の具体的な活動や会員の短歌が紹介されており、また見学や会誌見本依頼などを受け付けている。

http://ameblo.jp/mahirunokai2010/

 

まひる野

 東京に本部を置く全国的な短歌の会です。窪田空穂の第一歌集「まひる野」から命名され、生活実感を尊重し、詩としての豊かな表現力を希求します。自然や日常を細やかな温かい視線で詠んだ歌が特徴です。詳しくは「まひる野」のページをご覧ください。

 

<仙台 月例会について>

毎月第二土曜日に仙台市内の市民センターの一室で午後一時から概ね二時間程度です。流れを紹介します。

 

(1)その月の決められた主題に関する歌1首以上を含む自作3首の歌を提出します。

(2)作者を伏せてプリントアウトしたものが当日配布されます。自分以外の方の歌をそこで初めて目にすることになります。

(3)全部で20~30首になります。リズムを確かめながら音読します。意外に難しい漢字や短歌独特の言い回しに出会うことも学びの一つです。

(4)20~30分程度をかけて、各自で、自分の”お気に入り(共感、卓越、感嘆、臨場感などを感じる歌)”を5~7首程選びます。その中でも”これは!”という歌一首を特選として選びます。

(5)特選2点、”お気に入り”1点として集計し、合計得点の高い歌から互評します。互評というのは選んだ理由を自分なりに説明するということです。

(6)互評の過程で多くのことを学びます。技術的には不十分でも感性として高く評価されることもあります。またどんなに整った歌でも共感を覚えない、伝わらない、ということで点数が入らないということもあります。自分の歌がどう評価されるか、ということに目が行きがちですが、実は自分が選んだ理由をどう説明するか、ということが非常に大切です。

(7)一通り互評が終わると、各種の情報交換を行い終了です。高得点でも賞金はでません(笑)。次回の日程、主題など出席者で話し合って決めます。「○○に関する歌」という具合です。