5/9 5月の定例歌会

詠題「みどり」の14首、自由詠10首、合計8名24首が紹介され、いつものように互評を行いました。自薦他薦8首を紹介します。

 雪溶けて緑に変わりし安達太良に独り登りし青春はるか(ON)

  「青春」という言葉は使い方が難しいと言われますが、「独り」が生きて誰  

  もがうなづけるいい歌にまとまりました。(管理人)

 削ったら短歌(うた)の出てくるスクラッチ売っていそうな春の窓口

  近頃歌が全然できないのでこんな宝くじが欲しいと思いました。(OH)

 緑内障と診断されし帰り来る夫(おっと)の病また一つ増え

  緑内障と診断されても平常心、妻(私)がついているから(YA)

 さくら花つめたき雨に散りぼいて草木國土悉皆成仏

  「そうもくこくどしっかいじょうぶつ」と読みます。島田修二の歌集「草木

  國土」が好きです(OM)

 野に流る風見つむれば緑なり緑の風よ緑の木々よ

  風が吹いているのが好きだ。木々の緑は心に沁みわたる(SA)

 子らの声われには優し巣を払いしグリーンベルトに鳥の声なし(SU)

  「子」は鳥の雛だろうか、糞害防止に巣を取り払ったグリーンベルトには何

  かが欠けている(管理人)

 安全と安心の色の緑の日改憲の声甲高く聞く

  「甲高く」はひらがなで書くと「緑」のイメージに呼応するようになる。と

  はいえ、いま、そもそも緑は「みどり」とするべきと気づきました。(OU)

 みどり吹き雑木の山が笑いだす頬の痩(こ)けているお主も笑へ(MA)

  「山が笑う」は俳句の春の季語、うまく使っています。「お主」を二人称と

  取るのが普通ですが、敢えて一人称と捉えることで歌に格段の重みが生まれ

  ます。(支部長)

 

今回は漢字とひらがなの議論がありました。漢字は硬く、ひらがなは柔らかく感じます。「さくら花・・」の歌はあえてひらがなを使うことで結句の漢字八文字の硬さと対比させて全体を和らげています。「安全と・・」はこのあたりの工夫が足りません、こうしたことも表現手段として大切です。(管理人)

 

<以下 当日の話題より>

3首目:夫と書いて「つま」と読ませることもよくあります。ここでは歌全体の流

   れ、リズムや意味から「おっと」と読むのが適当のようです。

   「診断されて帰り来る」とするとより意味がスムースに通ります。

4首目:「散りぼふ」は「散らばる」の意味。「草木國土悉皆成仏」は涅槃経にあ  

   る「仏性の無いものでも皆すべては成仏する」の意味。

   島田修二:1928-2004歌人 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3% 

        B6%E7%94%B0%E4%BF%AE%E4%BA%8C

5首目:「野に流る」は「野に流るる」が正しい。字余りになるが下の句で整調

   することであまり気にならなくなる。

 

以上でした。

6月は一から六の漢数字に関する歌」1首以上を含む3首まで。6/13(土)13:00-15:00です。場所はいつもの青葉区中央市民センターです。

 

まひる野

 東京に本部を置く全国的な短歌の会です。窪田空穂の第一歌集「まひる野」から命名され、生活実感を尊重し、詩としての豊かな表現力を希求します。自然や日常を細やかな温かい視線で詠んだ歌が特徴です。詳しくは「まひる野」のページをご覧ください。

 

<仙台 月例会について>

毎月第二土曜日に仙台市内の市民センターの一室で午後一時から概ね二時間程度です。流れを紹介します。

 

(1)その月の決められた主題に関する歌1首以上を含む自作3首の歌を提出します。

(2)作者を伏せてプリントアウトしたものが当日配布されます。自分以外の方の歌をそこで初めて目にすることになります。

(3)全部で20~30首になります。リズムを確かめながら音読します。意外に難しい漢字や短歌独特の言い回しに出会うことも学びの一つです。

(4)20~30分程度をかけて、各自で、自分の”お気に入り(共感、卓越、感嘆、臨場感などを感じる歌)”を5~7首程選びます。その中でも”これは!”という歌一首を特選として選びます。

(5)特選2点、”お気に入り”1点として集計し、合計得点の高い歌から互評します。互評というのは選んだ理由を自分なりに説明するということです。

(6)互評の過程で多くのことを学びます。技術的には不十分でも感性として高く評価されることもあります。またどんなに整った歌でも共感を覚えない、伝わらない、ということで点数が入らないということもあります。自分の歌がどう評価されるか、ということに目が行きがちですが、実は自分が選んだ理由をどう説明するか、ということが非常に大切です。

(7)一通り互評が終わると、各種の情報交換を行い終了です。高得点でも賞金はでません(笑)。次回の日程、主題など出席者で話し合って決めます。「○○に関する歌」という具合です。